2022.03.24

こぢんまりとした、温かみのある輸入雑貨店開業について民間金融機関の創業融資で見事成功した事例

自己資金60万円

融資実行額60万円

Mさんは専業主婦をしていましたが、もともと雑貨が好きで、手芸などを自作してフリーマーケットやネットオークションで販売していたこともあります。

子どもに手がかからなくなったので、自分のやりたいことを始めようと思いました。
自分の手芸品や好きな雑貨を販売する小さなお店を持てればと思い、いろいろ調べ始めました。

自分だけだと何のノウハウもなく、どのように物件を取得すればよいのか、またいくらお金が必要なのかもわからず、ネットで「開業 専門家」と検索して、相談してみました。

地元信金での創業融資を勧められる

相談先でMさんはご自身の事業計画についてヒアリングを受けます。
雑貨輸入の経験はなく、ただ好きなだけ。しかしみんなが欲しがる雑貨についての知識はある。また、自分が手作りする手芸品についてもぜひ売りたい。もちろん、生ものや食品は売らず、雑貨に絞ることなどを伝えます。

食品販売となると保健所の許可など難しい工程が入りますが、雑貨だけならば通常の開業の流れで何とかなるでしょうとのことでした。

物件探しや開業資金の見積もりなどわからないことだらけだったMさんですが、相談先で丁寧なレクチャーを受けて徐々に、ご自身が行いたいことの姿が現実的なプランに落とし込めるようになりました。

あまり高くなく、現実的な物件探しは、地元金融機関と提携した不動産屋さんがいいということで、地元信用金庫の創業融資窓口で、開業資金の調達と物件探しについて合わせて指導を受けました。

今後の地域での商売を考えた場合、どこかの金融機関と継続的な取引があることは大切であり(補助金や給付金申請の際、金融機関との取引がプラスに働くことあり)、日本政策金融公庫よりも多少金利が高いかもしれませんが、総額では多くないので、民間金融機関でOKというハンドリングとなりました。

丁寧な事業計画が評価される

地元民間金融機関(信金)で創業融資を申し込みます。合わせて適切な物件がないか聞いたところ、信金が提携する不動産屋で小規模ながら居抜きで入れそうな物件が見つかりました。

以前小売店が入っていたところで、改装すればかなりいい感じにデコレーションできそうです。改装費用、および机などの備品、仕入れ費用、不動産物件契約代、合わせて120万円くらいになります。

創業融資では60万円申請しました。少額ではありますが、信金の方でも新しい顧客ということで快諾しました。このくらいだと、貸し倒れになるリスクも低いので比較的審査も通りやすくなります。

もちろん、Mさんの「想い」が事業計画書の反映されていました。指導によって、雑貨の市場動向や購買層のターゲティング(具体的には20代~50代女性をメインにした)について、客観的論理的に説明できるようにしたのが大きいです。

SWOT分析や商圏などの地理学的立地論など、Mさんにとっては初めての理論を理解し、それを租借し、事業計画書に落とし込むことができました。これはアドバイスをする専門家選びがよかったのです。

まとめ~小さいお店でも評価されれば創業融資につながります

まったく経営の経験もなく、事業計画書の書き方もわからない今回のケースであっても、適切な指導をもとにしっかりと自分がやりたいことを落とし込めれば、創業融資を受けることができます。

少額ということもあり、融資側もリスクヘッジできそうだと考えたこともあります。不動産を含めて探す場合、日本政策金融公庫よりも民間金融機関の方が、コネクションを発揮して、プラスアルファのサービス(この場合は不動産の紹介)につなげることができます。

融資を受けるだけなのか、それ以外のサポートも受けたいのか、日本政策金融公庫が一択ではないことが今回のケースではわかりました。

食品を取り扱ったり、カフェを併設したりする場合はさらに許可が必要になります。何を売るのかしっかり決めてから開業に取り掛かると、時間的コストを下げられます。あきらめずに、「想い」を開業につなげましょう。


雑貨