2022.03.21

起業する際の創業融資をサポートする会社の選び方

起業する際に重要なのが、いかにして資金を調達するかということです。起業資金を調達できないために、多くの人が起業を断念しています。ところで、起業資金調達の問題は、創業融資サポートによって、回避することができるのをご存じでしょうか。ここでは、日本政策金融公庫が行っている、創業融資サポートの申請方法を中心に、起業資金の調達法をご紹介します。また、創業融資サポートの会社は数多くあります。その中で、特におすすめの会社を、ランキング形式でご紹介しましょう。

創業融資とは?

創業融資とは、起業する際に必要な資金を融資することです。起業の準備のためには、かなりのお金がかかるので、自己資金だけでまかなうのは大変です。そこで、起業する人のために、資金面でサポートするのが創業融資なのです。創業融資は、日本政策金融公庫
や、自治体の制度融資などで受けることができます。

日本政策金融公庫の創業融資

日本政策金融公庫では、創業融資を推進しています。しかし、日本政策金融公庫の創業融資の実行率は、半数以下しかありません。事業計画に矛盾があったり、合理性に欠けていると、融資してもらえなかったり、融資額が減らされることも多いようです。日本政策金融公庫では、一度審査に落ちると、半年以上経過しないと再申請できないので、注意が必要です。また、審査に落ちたという履歴が残ってしまうので、次の審査はさらに厳しくなると考えましょう。そのため、日本政策金融公庫の創業融資を受けるには、初回で審査に通ることが大切です。日本政策金融公庫の創業融資は、審査を通れば申請後3週間ほどで入金されます。

しかし、個人で申請する場合は、専門家が目を通していないとみなされるので、チェックが厳しくなる傾向があります。また、資料がそろっていなかったり、記載内容に不備があったりして、修正のために審査を受ける前に、かなりの時間を要するケースも少なくありません。そのため、早く確実に創業融資を受けたいなら、専門家のサポートを受けて申請するのがおすすめです。日本政策金融公庫の創業融資には、いくつかの商品がありますが、その中でも「新創業融資制度」と「中小企業経営力強化資金」の2つが特に優れています。

新創業融資制度と中小企業経営力強化資金は、中小企業の経営力をアップするための資金で、新たに起業する人や、起業後税務申告2期未満であれば、誰でも申し込めます。限度融資額は新創業融資制度が2千万円、中小企業経営力強化資金は3千万円まで可能です。しかも、どちらも無担保で保証人も必要ありません。このように、新創業融資制度と中小企業経営力強化資金は、無担保・無保証人で融資が受けられ、一般の金融機関に比べて金利が低く、しかも融資実行までの期間が短いのが特徴です。

メリット

日本政策金融公庫の新創業融資には、以下のようなメリットがあります。

  • ・中小企業向けの創業融資をしてくれる
  • ・融資額は最大3千万円
  • ・申し込みから着金まで1カ月
  • ・原則として保証人も担保も不要

デメリット

保証人不要、無担保で融資を受けると、金利が2.25%となり、制度融資と比較して割高となるのがデメリットです。

制度融資

制度融資は、全国の各自治体で行っている創業融資制度です。融資限度額や返済期間、金利などは自治体ごとに違うので、最寄りの自治体で確認する必要があります。ではここで、実際の制度融資について、東京都の例を挙げてご紹介してみましょう。

・東京都内に事業所(個人事業者は事業所又は住居)があり、信用保証協会の保証対象業種を含む中小企業者又は組合
・許認可等が必要な業種にあっては、当該許認可などを受けていること
・現在かつ将来にわたって、暴力団員等に該当しないこと、暴力団員等が経営を支配していると認められる関係等および、暴力的な要求行為などを行わないこと

東京都の場合は、上記の3つの条件を満たせば制度融資が申し込めるので、それほど難しくはありません。
東京都の制度融資は、以下の内容で受けることができます。

  • ・融資金 3,500万円
  • ・融資期間 運転資金の場合7年以内 / 設備資金の場合10年以内
  • ・融資利率 1.5%~2.5%
  • ・分割返済が可能

メリット

東京都の制度融資は、融資金額が3千500万円までとなっており、しかも金利が低いことがメリットです。

デメリット

ただし、東京都に限らず、自治体の制度融資を受けるには、信用保証協会の保証が必要になるため、信用保証協会に保証料を支払わなければなりません。

創業融資サポート会社ランキング

創業融資サポート会社は数多くありますが、どの会社を選べばいいか、迷ってしまう方も多いでしょう。そこで、初めての方でも、安心して相談できる創業融資サポートの会社を、ランキング10位から見ていきましょう。

第10位 ハイク行政書士法人

住所:〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル705
電話:03-6423-7158

認定支援機関という立場を最大限に活用して、起業したい人に寄り添った、創業融資サポートを実施しています。相談だけなら無料なので、起業を考えている人は気軽に相談してみましょう。起業のために必要な、確かな知識を持った行政書士が相談に乗ってくれるので、安心して申し込むことができます。しかも、成功報酬型なので着手金がいらず、低金利なのでリスクなしに相談できます。

日本政策金融公庫の融資担当とのパイプがあるので、融資が通りやすいだけでなく、事前に審査通過可能かどうかがわかります。そのため、審査通過が難しければ、どこを改善すればいいかも指摘してもらえるので、次の申請に備えることが可能です。創業融資は、審査に通らないと半年以上再申請ができないので、事前に申請が通るかどうかわかるのは非常に重要です。創業融資を行ってくれる会社の中には、融資後の税務顧問契約が必要なケースが多いのですが、ハイク行政書士法人では、顧問契約なしに創業融資のサポートが受けられます。

第9位 スタートアップNET(創業融資ラボ)

住所:〒171-0033 東京都豊島区高田3-14-29 KDX高田馬場ビル602号室
電話:0120-06-4059

創業融資のサポートだけでなく、融資後の経営サポートまで、トータルで行ってくれるので安心感が違います。日本政策金融公庫の融資の中から、最適な融資プランを提案してくれるので、融資率が高いのも納得できます。日本政策金融公庫には、新創業融資制度、女性の小口創業、中小企業経営力強化資金、新規開業資金などの融資プランがあるので、この中から利用者に最適な融資を選んでもらえます。創業融資の融資率は90%を超えているので、ほとんどの場合希望通りの融資が可能です。

起業する人が個人で申請しても、審査を通過するのはかなり困難です。確実に審査を通過するためには、スタートアップNETのような、専門的な知識と経験を持つ会社に依頼するのがおすすめです。スタートアップNETは、着手金なしで申し込める完全成功報酬型なので、審査を通過できなかった場合は一切費用がかかりません。しかも、成功報酬は1%から可能なので、非常に低金利なのもうれしいポイントです。起業して事業を拡大しようとしても、起業資金が十分でないと会社の運営に支障をきたします。こんなときはスタートアップNETを活用すれば、必要な資金を調達することができます。

第8位 代官山税理士法人

住所:〒107-0062 東京都港区南青山7-1-7 C-Cube南青山ビル8階
電話:03-6427-8242

単なる創業融資のサポートだけでなく、企業を運営していく上で欠かせない、決算書などの書類作成、節税や事業計画などを、総合的に支援してくれるサポート会社です。創業融資を申し込む際の不安や疑問点などについて、専門的な知識と経験を持つスタッフが、丁寧に対応してくれます。大手監査法人や、大手コンサル会社出身のスタッフが多いので安心感が違います。また、融資実行後のフォローも万全なので、長期にわたって経営相談ができるのも、大きなメリットと言えるでしょう。

完全成功報酬型で、成功報酬は融資額の2%なので気軽に申し込めます。代官山税理士法人では、金融機関との複雑な交渉を代行してくれます。交渉の際に、事業計画書などの資料が必要になりますが、事業計画書は実行可能なものでなければならないのはもちろん、実行可能であることを証明する資料と根拠も必要です。これらをすべて揃えるのはかなり大変ですが、経験豊富なスタッフの支援を受けることによって、完璧に準備することができます。また、金融機関との面談の際は、担当スタッフが立ち会ってくれるので、安心して面談に臨めます。

第7位 明治通り税理士法人

住所:〒150-0011 東京都渋谷区東2-23-3 タゴシンビル3階
電話:03-5778-4088(代表)

明治通り税理士法人では、「単なる記帳業務や申告書の作成業務に留まらず、企業の成長を第一に考えて成長支援を行う」という理念のもとに、創業融資をサポートしています。公式サイトのフォームから無料相談できるので、全国から創業融資に関する相談が寄せられています。どんな相談でも的確な改善策を提示してくれるので、問題を抱えている人は一度相談してみるといいでしょう。明治通り税理士法人では、上限2千万円までの融資が利用できます。また、創業融資のサポート後も、会社の経営に関する相談に乗ってくれるので、長期にわたってサポートが受けられるのも、うれしいポイントです。

明治通り税理士法人は、経済産業省認定の経営改革等支援機関なので、日本政策金融公庫が提供する、中小企業経営力強化資金の融資を受けることができます。また、明治通り税理士法人は、平均融資額1千万円、審査通過率100%という驚異の実績を誇っています。審査に通る書類を揃え、面談対策まで行ってくれるので、このような実績が可能となっています。創業融資を受けたくても、審査が不安だったり、どの程度の融資が受けられるのか知りたい人は、一度相談してみてはいかがでしょうか。融資を受けたあとは、最大19年の返済期間があるので、余裕を持って返済することができます。しかも平均金利は1.2%という低金利なので、安心して利用することができます。

第6位 税理士法人Soogol(スーゴル)

住所:〒110-0005 東京都台東区上野3-24-6 上野フロンティアタワー16階
電話:03-5846-8263

融資サポートに関する問い合わせは、公式サイトのフォームからでもできるので、全国から相談が寄せられています。相談は無料で、3営業日以内に回答があるので、多くの人が利用しています。中小企業の融資サポートに精通しているので、創業融資を検討している人におすすめです。また、税理士法人Soogolは、認定経営革新等支援機関として50年の実績があるので、安心してサポートが受けられます。融資実績は年間100件以上、審査通過率99%という好成績を誇っていますが、事業計画書の作成支援がしっかりしているので、高い審査通過率を出せているのでしょう。

豊富な実績があるため、同業他社の事例をもとに、事業計画書を作ることができるので、審査に通りやすくなっています。また、利用者の状況により、最適な金融機関をすすめてくれるのも、高い通過率につながっています。さらに、金融機関の融資窓口との交渉も代行してくれるので、安心して依頼することができます。税理士法人Soogolは、一般社団法人銀行融資プランナー協会の正会員です。銀行融資プランナー協会は、中小企業の円滑な銀行取引を支援するための機関で、税理士法人Soogolは、その正会員という立場を最大限に生かして、創業融資サポートを行っています。

第5位 株式会社KIK

住所:東京都中央区日本橋室町4-1-14日本橋アサヒビル4F
電話:03-6262-5021

公認会計士が担当してくれるので、安心感のある創業融資サポートが受けられます。相談は無料で、しかも創業融資に関する相談は直接訪問のほか、インターネットや電話でも可能です。相談を受けてくれるのは、すべて公認会計士の資格を持つスタッフなので、創業融資サポートについて、専門的な話をすることができます。創業融資サポートの審査に通るような、しっかりした事業計画書の作成も支援してくれるので、まさに至れり尽くせりです。事業計画書を作成する前に、利用者の事業内容を詳しく聞いてまとめるので、正確で漏れのない事業計画書が出来上がります。

しかも、事業計画書はしっかりした内容なので、ただ審査に通るためだけでなく、実際にその計画書どおりに会社を運営すれば、必ず成功するようにできています。公認会計士の資格を持つスタッフが作成するから、これだけ質の高い計画書が作れるわけです。創業融資サポートを依頼する場合は、着手金なしでしかも完全成功報酬型なので、リスクなしに申し込みが可能です。もちろん、融資が通らなければ1円もかからないので、安心して申し込めます。株式会社KIKの平均融資額は1千万円以上で、しかも月間平均融資額が1.8億円もあるので、これに裏打ちされた豊富な実績を持っていることが、大きな強みと言えるでしょう。

第4位 TOKYO創業ステーション

住所:東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル低層棟2階
電話:03-5220-1141

東京都と、公益財団法人東京都中小企業振興公社が共同で設立した、東京で起業する人を支援するためのサポート会社です。東京都内で起業したい人のために、セミナーや説明会なども開催しているので、起業や創業融資について、アドバイスを求める人に利用されています。TOKYO創業ステーションは、日本政策金融公庫と東京信用保証協会、きらぼし銀行と提携して、創業融資の相談を受け付けています。

公的機関の要素が強いので、相談は無料でしかも創業融資を受けなくても、創業融資に関する疑問や質問に答えてもらえます。また、TOKYO創業ステーションには、誰でも無料で利用できる広いラウンジがあり、企業に興味のある方ならだれでも利用できるので、同じ目的を持つ人の交流の場としても活用できるでしょう。メンバーになれば施設内でWiFiが利用でき、千冊に及ぶ起業関連書籍も自由に閲覧できます。

また、創業融資について詳しく知りたければ、日本政策金融公庫・東京信用保証協会・きらぼし銀行が行っている、創業融資に関して相談することも可能です。相談するには利用登録が必要ですが、登録すれは45分間の設定枠で、じっくり相談することができます。また、TOKYO創業ステーションが主催するプランコンサルティングサービスを修了すると、きらぼし銀行で創業サポートローンによる融資を受けられます。

第3位 工藤公認会計士税理士事務所

住所:東京都千代田区九段南3-9-14 第32荒井ビル(九段南センタービル)3階
電話:03-5215-7358

これまでに、20億円以上の融資実績があり、成功率はほぼ100%を誇ります。さまざまな業種のサポート実績があるので、安心して依頼することができます。創業融資に詳しい元銀行員が在籍しているので、高い成功率を出すことができるのです。工藤公認会計士税理士事務所は、日本政策金融公庫と提携しているので、融資が受けやすくなっています。事業計画書や、資金繰り計画書をしっかり作ってもらえるから、すべてまかせることができます。

また、工藤公認会計士税理士事務所では、税務顧問契約を結べば、創業融資サポートを無料で受けることができるのが、大きな特徴と言えるでしょう。さらに、日本政策金融公庫と提携しているため、融資を申請する場合は、懇意にしている担当者を紹介してもらえるので、有利な条件で融資の話を進めることができます。

工藤公認会計士税理士事務所は認定支援機関なので、日本政策金融公庫に申請する際に、認定支援機関を通して申し込まないと受けられない、「中小企業経営力強化資金」に申し込めるのも、大きなメリットと言えるでしょう。完全成功報酬型なので、融資が受けられなかった場合は費用は一切かかりません。成功報酬額は3%または15万円までなので、リスクなく創業融資をサポートしてもらえます。工藤公認会計士税理士事務所を通して申請すると、融資までの期間が大幅に短縮できるのも、起業間もない会社にとっては、大きなメリットになるでしょう。

第2位 株式会社ソラボ

住所:101-0021 東京都千代田区外神田1丁目18-19 新秋葉原ビル7階
電話:0120-356-117

東京・千葉・名古屋・大阪に拠点があり、土日祝日も相談可能です。株式会社ソラボは、国から認可を受けた支援機関なので、安心してサポートを依頼できます。しかも、完全成功報酬型なので、万が一融資を受けられなかった場合は、1円も支払う必要がありません。成功報酬額は、借入額の3%(最高でも15万円まで)と決まっているので、利用しやすいサポート会社です。これまでに、600件以上の融資実績があり、しかも0.35%という低金利の融資に成功した例もあるので、多くの起業家に貢献しています。

株式会社ソラボでは、日本政策金融公庫への融資申し込みが中心となっています。日本政策金融公庫には、認定支援機関を通しての申し込みしか受け付けない、「中小企業経営力強化資金」という融資プランがあります。中小企業経営力強化資金は、無担保無保証人で融資できた場合でも、通常の融資よりずっと金利が安いため、多くの起業家が利用したがる融資プランです。株式会社ソラボは認定支援機関なので、中小企業経営力強化資金の融資を受けることが可能なのです。

創業融資サポートは、個人で申し込むと融資までに2~3カ月かかりますが、株式会社ソラボを通すと、1カ月~1カ月半で融資が受けられます。創業時は何かと物入りで、しかも迅速な資金調達が重要となるため、早く融資が受けられるのは、大きなメリットと言えるでしょう。また、株式会社ソラボに申し込むと、面倒な事業計画書の作成も代行してもらえるので、まさに至れり尽くせりです。

第1位 株式会社アンチテーゼ

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿2‐1‐9 JESCO新宿御苑ビル501
電話:0120-401-156

元銀行員のアドバイスにより、成功率約90%を誇る創業融資サポート会社です。担当者が元銀行員なので、提出された事業計画書などを見て、銀行の審査が通るかどうかがひと目でわかります。審査に通らない事業計画書は、提出前に修正できるので、高い成功率につながります。無料相談窓口があるので、「融資を受けたいけど資料の作り方がわからない」といった方を、サポートすることができます。また、初心者は開業手続きから融資まで、何をどうすればいいのかわかりませんが、無料相談窓口に問い合わせれば、丁寧に教えてくれるのでぜひ利用したいものです。

また、開業資金が少ない方のために、とっておきのノウハウがあるので、一度相談してみるといいでしょう。平均可決額1,350万円を実現しているので、初めてでも安心して任せることができます。さらに、2千件以上の融資実績があるので、豊富なノウハウの中から、それぞれの企業に合う方法を提案できるのも、メリットと言えるでしょう。しかも、完全成果報酬型なので、事前に費用を支払う必要はなく、報酬も業界最安値の3%~に設定されているので、安心して申し込めます。

株式会社アンチテーゼの一番の強みは、銀行に好まれる書類の作り方に精通している点でしょう。担当するスタッフが、事業計画書作成のコツを会得しているので、依頼者にとってこれほど心強いことはありません。株式会社アンチテーゼでは、事業計画書を完璧にするだけでなく、面談対策も行ってくれるので、成功率が上がると評判です。いくら事業計画書が優れていても、創業融資の担当者との面談で失敗しては、元も子もありません。面談対策を繰り返し行うことによって、成功率を高めるのは非常に重要です。

まとめ/h2>

起業のための資金を調達する方法として、日本政策金融公庫が行っている、創業融資サポートを活用する方法があります。創業融資は、日本政策金融公庫や、自治体の制度融資などで受けることができます。日本政策金融公庫には、新創業融資制度と中小企業経営力強化資金という融資プランがあり、無担保・保証人なしで融資を受けることも可能です。自治体で行っている創業融資制度は、自治体ごとに条件が違うので、まず申請したい自治体に相談しましょう。


創業融資・サポート